« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年4月11日 (水)

新しい派遣会社

今日は、
新しい派遣会社に登録にいってきましたワン。

そこは私が希望する仕事を多く紹介しているので
登録してきたんですが、コーディネーターの
話を聞く限り今より条件が悪い案件が多そうです。

経験的には希望する仕事を望めるそうなのですが
時給が1600円スタートとかになるものも
あるそうです。

1600円なら、8時間で・・おおお。 けっこうな金額じゃないですか。。

フフフ。。 アレ買って、コレ買って・・ と 妄想が・・

でも、実は、今の職場にすごく不満があるわけではないので
もうちょっと考えてみようかと思っていますワ。

でも、1600円が・・・

|

2007年4月 9日 (月)

履歴書のイメージ

履歴書というと、面倒くさいとか・・・ すぐ失敗するとか・・・ そんなどちらかというと悪い印象があるかもしれません。

問題は、履歴書と職務経歴書に判断を下すのは、あなたではなく、企業だということです。これをわかっていないと、転職活動は失敗してしまいます。 しかし、逆の言い方をすれば、ここさえ抑えておけば、転職活動は半分成功したようなものです。

企業が人を雇うということは、企業が設備投資をするのと全く同じ理由です。 たとえば、企業がある工場を1億円で買うとします。これは、この1億円という大きなお金を払ってでも、将来的に、1億円以上のお金を産むことができると考えるからです。(もちろん、まちがっている場合もありますが・・) 企業が人を雇うのは、この論理と全く同じなのです。 あなたを雇い丘陵を支払うことで、それ以上のリターン(売上の増加、手間の削減、業務の効率化など)を産みたいと思うからなのです。 つまり、私を雇ってくれれば、給料以上のリターンがありますよ と思わせることが必要なのです。これを紙に落としたものこそが、履歴書なのです。
こういうふうに、書かれた履歴書が良いという例を挙げてみるので、あなたの履歴書と照らし合わせてみてください。

いかがでしょうか?こんなふうに「私を採用すると、こういうメリットがありますよ。」と伝えることで採用側にアピールできるのです。
履歴書職務経歴書の書き方は、今まで紹介したただけではありませんが、どうすればよいという部分では、イメージが沸いたのではないでしょうか?

[PR] 履歴書ダウンロード 職務経歴書ダウンロード

| | コメント (35) | トラックバック (17)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »